気づき

外人住宅は要注意!

投稿日:

FavoriteLoadingお気に入りに追加!

大阪でも大きな地震が発生してお亡くなりになられた方もいらして残念です。

昔大学の先生が沖縄でも大きな地震が発生する危険性かあり小さい島で高い山もないので津波などの被害も大きくなる可能性があると聞いたことがあります。

また、1970年代コンクリートの建物ラッシュがありその当時使用されたのが海砂で、基本的には真水で洗浄して塩分を抜かなければいけないが、いつの世もコストがかかることは抜けがけして充分に洗浄されないまま使用さらたことが多かったようです。なので最近外人住宅をリホームして売り出されることが多いんですが、耐震的には非常は不安があります。コンクリートが剥がれて錆びた鉄筋が露出してるのは、塩分で錆びた証拠です。

古い団地の解体時に人工的に圧力を加えてどの程度で倒壊するかの実験映像も見ましたが、古い団地は震度5程度でも壁が崩れたり倒壊する危険があります。公共の建物はそんな古いものは残ってないかと思いますが、築40年以上のコンクリート製の建物は要注意です。

沖縄の塩害被害についてのコメントがありましたので参考までに!

 

-気づき
-, , , , ,

Copyright© 沖縄をチンダミ , 2019 All Rights Reserved.